お知らせ

お知らせ

2018年 社長年頭ご挨拶

「お客様のベネフィットを考え、それがしっかりと伝わる建設会社」を目指して

 新年あけましておめでとうございます。旧年中は、ご愛顧・ご高配を賜り誠にありがとうございました。
 昨年を振り返りますと、公共事業費は安定的に推移している一方で、建設投資の偏りが見られ、首都圏と地方圏との事業量の地域間格差や、大企業と中小建設業との企業間格差が一層拡大し、地域の建設企業の多くが厳しい経営環境を強いられた年でした。
 また、政府における「働き方改革実現会議」において、建設業における長時間労働の是正を含めた「働き方改革実行計画」が策定され、法施行後5年の猶予期間を経て災害・復興・除雪などの特例を除き、罰則付き上限規制が適用されることとなりました。これまでも「賃金・休日等の労働条件の改善」「女性等の多様な人材が活躍できる環境整備」といった担い手の確保・育成に向けた様々な取組みを進めて来ましたが、さらなる職場環境の整備をスピード感を持って進めていく必要があります。
 このように建設業界をめぐる情勢は厳しいものがありますが、今後とも地域住民の安全・安心を守り、地域における主要産業として雇用を確保し若者の入職促進や技術・技能の伝承を図るなど「地域社会に貢献する力強い地場産業」として、その役割を果たして行くことが大切であると思います。
 わたしたちは本年、「お客様のベネフィットを考え、それがしっかりと伝わる建設会社」を目指し邁進します。今や世の中に出回っている商品やサービスは、似たようなものが多くお客様にとっては選ぶのに困ってしまうという時代です。これは建設業においても同様で、どこの会社にお願いしてもあまり変わらないという画一的な業界体質から脱却し、競合他社と見分けのつく独自の商品やサービスを明確にアピールし、お客様のベネフィットをしっかり伝えることで、選ばれる企業にならなくてはなりません。これまで培った経験を活かして技術をさらに研鑽し、お客様のご期待に応え、社会に貢献していくことを目指してまいります。
 最後に、本年が皆様にとって実り多く、健康で幸せな一年となりますよう心から祈念し、新年のご挨拶といたします。

株式会社西田組
代表取締役社長 西田 文仁

【株式会社西田組|青森の解体工事・産業廃棄物処理・土木工事・建築工事】

このページの上部へ